筋トレをする時、

 

例えば、腕立て伏せをする時、

 

多くの方は、頑張って身体を上に挙げる時に頑張ると思います。

 

でも実は、頑張るべきは下ろす時のほう。

 

実は筋肉は縮む時よりも伸ばしていく時の方が負荷が大きいんです。

 

だから腕立て伏せなら、下ろす時。

 

スクワットも下ろす時をゆっくり深くやるべきなんです。

 

当然、筋トレの目的が「筋肉に大きな負荷を与えること」だったらの話ですが。

 

もしやっている種目の都合上、腕を速く伸ばす瞬発力を鍛えたいのであれば、回数を少なくして、腕立て伏せで上がる時に出来る限り速く行う練習をするとよいと思います。

 

ですが、一般的に(筋肉を大きくする、強い負荷に耐えられるようにする目的で)筋トレをするのであれば、

 

筋肉が伸びる時をゆっくり行うことがオススメです。
 

現在開催中のレッスン

武術クラスのご案内はこちら 武術大船クラス